東洋医学と病気

東洋医学では病気になる原因を大きく3つ分けています。

①外因・・・・・風雨寒暑などの気候・環境の変化などによるもの

②内因・・・・・喜怒哀楽など感情の変化によるもの

③不内外因・・・日常生活の労働や飲食の影響によるもの

ヒトはこれらの変化に立ち向かうための 力 =自然治癒力を備えています。

しかし、病気になる原因と自身の自然治癒力の力関係が均等でなく、自然治癒力の方が弱くなると病として症状が現れると考えるのです。

鍼灸治療は、この自然治癒力を引き出すための治療です。

●自然治癒力が低い

​●自然治癒力が高い

 © 2017 大矢鍼灸接骨院 All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon